転職・人材紹介は株式会社オーエンス

厚生労働省認可番号 有料職業紹介事業:13-ユ-040625
特定労働者派遣:特 13-309992

  • 体育会出身者向け求人情報・人材紹介「リーダーズ・プロジェクト」
  • 体育会出身者向け求人情報・人材紹介「リーダーズ・プロジェクト」最新情報
  • 体育会出身者向け求人情報・人材紹介「リーダーズ・プロジェクト」について
  • 体育会出身者向け求人情報・人材紹介「リーダーズ・プロジェクト」セミナー情報
  • 体育会出身者向け求人情報・人材紹介「リーダーズ・プロジェクト」ネットワーク
  • 体育会出身者向け求人情報・人材紹介「リーダーズ・プロジェクト」へのお問い合わせ
リーダーズ:ニュース

ラグビー・トップリーグが連携!!

日本ラグビー協会とリーダーズのトップ会談が実現!
トップ選手のセカンドキャリアをリーダーズが支援します。

リーダーズが引退選手らのセカンドキャリアを支援

写真 企業が求めている「リーダー人材」を発掘、紹介する(株)オーエンスはこのほど、日本ラグビー協会と参加の社会人トップリーグと会談を行い、同リーグと連携することが実現した。

日本ラグビー界の頂点に立つラガーマンのセカンドキャリアを支援していこうというもので、体育会出身者などリーダーシップにあふれる人材獲得を熱望している企業に紹介、現役引退後の選手らに新しい職場を提供する。

競技団体と連携した初の試みには、サッカー、野球界などからも注目されており、オーエンスではさらに他競技にも連携を呼びかけていく。

引退後のセカンドキャリアの問題

写真

かつて社会人スポーツは会社に所属するアマ選手が主体で、競技生活を終えた後も、その会社に残って働くのが普通だった。しかし、その当時から第一線で活躍した選手は社内業務に打ち込む機会が少なく、引退後、職場に戻っても居場所がないというようなケースがままあった。そして、近年は選手のプロ化が進み、ますます仕事より競技だけに集中する”社員”が増え、引退後の身の振り方がさらに厳しくなっている。サッカーに続き、プロ契約選手が目立って増えてきたラグビー界も例外ではなく、引退後のセカンドキャリアの問題を各チームが抱えるようになった。

日本ラグビー協会とオーエンスのトップ会談が実現!!

オーエンスでは、こうした状況を打破し、汗を流したラガーマンたちのセカンドキャリアを支援するため日本ラグビー協会とトップリーグ関係者と会談。お互いに連携して優秀な人材の「第二の人生」を開拓していくことで合意した。まずトップリーグ14チームを対象に、リーダーを求めている企業を紹介。選手たちに、引退後のことなど心配せずに思い切ってプレーできる場を提供する。日本ラグビー協会ではトップリーグにとどまらず、将来的には各大学、高校のOB選手のセカンドキャリアにも広げて行きたいとしているが、サッカーや社会人野球チームなども同様の問題を抱えており、今回の連携は企業スポーツ界に一石を投じることになりそうだ。


関係者の声

水谷 真 トップリーグ・コミッショナー(日本ラグビー協会理事)

「私は今まで日本の社会人ラグビーが育んできた『文武両道(仕事とラグビーの両立)』を願っているが、退いた後の仕事や生活に不安を抱えている選手は多い。第二の人生の道が開ければ、思い切ってプレーにも打ち込め、より高度なラグビーにつながる。オーエンスと大いに協力して選手たちに良い環境を作ってあげたい」

岡本 武勝(日本ラグビー協会事務局長)

「選手のセカンドキャリアについては、企業スポーツが長年抱えていた問題で、今回の連携がその解決策の突破口にならばと期待している。トップリーグだけではなく、全国のクラブ、OB会などにもゆくゆくは呼びかけていきたい」

並木 哲彦 リーダーズ統括責任者(株式会社オーエンス代表取締役社長)

「この半年間でめざましい景気回復の基調とベンチャービジネスの台頭でビジネス界では企業の成長エンジをグイグイ加速させていけるリーダー人材の需要が急増しています。
勝つために『何を、いつまでに、どうするか』をトレーニングしてきたアスリートたちは、そのフィールドをビジネスにうまく変えることができれば必ずビジネスのステージでも成功を収められます。
特にラグビー選手は戦略的思考を強く求められる競技性と、“One for all, All for one”の精神をもって戦っているだけに、ビジネス界からの要望は強く、ラガーマンのセカンドキャリア形成に微力ながらお手伝いさせていただけることは非常に光栄です。
リーダー人材のキャリア形成を、成功するまで応援する『オーエンス』です」


ラグビー・トップリーグとは……

日本ラグビー界が世界に飛躍するため、それまで東日本、関西、九州の三地域で個別に行っていた社会人ラグビーを全国組織に拡大、2003年に12チームで発足した。同時にプロ契約選手も認め、スポンサーをつけた冠大会なども併せて開催し、発展。神戸製鋼が初代王者になったあと、一昨年、昨年と東芝府中が2連覇した。今季から14チームに拡大し、9月からリーグ戦が始まる。トップリーグの下に各地域の2部組織があり、毎年上位チームがトップリーグと下位と入替戦を行っている。


写真 トップリーグ14チーム
  • 東芝ブレイブルーパス
  • 三洋電機ワイルドナイツ
  • NECグリーンロケッツ
  • トヨタ自動車ヴェルブリッツ
  • 神戸製鋼コベルコスティラーズ
  • サントリーサンゴリアス
  • ヤマハ発動機ジュビロ
  • クボタスピアーズ
  • ワールドファイティングブル
  • セコムラガッツ
  • リコーブラックラムズ
  • 福岡サニックスブルース
  • コカコーラウエストジャパン
  • 日本IBMビックブルー